So-net無料ブログ作成
検索選択

ふれなばおちん 3話 ネタバレ [ふれなばおちん]

ふればなおちん 3話 「キスの余韻」 ネタバレ(あらすじ感想含む)
夏(長谷川京子)は龍(成田凌)からケータイ番号とアドレスが記入された紙を受け取った
一度はゴミ箱に捨てたが結局取り出して、しかもメールを送ってしまった夏
もうこの行動は弁解しようがない
「その気」がなければ無理やりキスされた上でメールを自ら送信するなど絶対にありえないことだ
返信したことで「もうOK」の意思表示に等しいものだ


龍は龍であからさまにアプローチしてくる若林(古畑星夏)はガン無視状態で夏にのめり込んでる状態
未だにどーゆーつもりで夏に迫っているのかわからないがとにかく「恋に一直線」状態という事か
これも若さと成田凌くんの年齢なら言えるんだけどこのドラマじゃ30歳前の設定みたいでそれは微妙だが
夏に送るメールも「夏さんに会いたい」という一言だけのド直球
さすがイケメンの肉食
しかし動揺した夏は龍からのメールをブロックしてしまう


ある日激しい雨が降る
夏は夫の義行(鶴見辰吾)が傘を持っていない為駅まで傘を届けるサザエさんによくあるような展開になる
サザエさんの場合は波平にカツオが傘を届けに行ってその帰りに喫茶店でパフェをねだるというパターンだが


夏は義行と合流し2人で歩いていると公園で雨宿りをしている龍を見つける
自分はレインコートを着ていることから龍に自分の傘を渡すことにした夏
龍はメールがブロックされた恨み言を言い「オレのことゆさぶるのやめてもらっていいですか」と言い出す
無理やり迫って無理やりキスしといてこんなこと言えるってすごい・・・
もはや逆ギレに近い言動
普通ならビンタされて済めばラッキーな方で訴えられても文句言えない行動なのに


まさにイケメンだからこそ許される行為と言動
このオレにはとてもそんなこと言えねぇ・・・
何も言えねぇ・・・


夏は当然「ゆさぶってるのはあなたでしょ。会いたいとか私よくわからないんですけど!」と反論
すると龍は義行が近くにいるってのにあからさまに夏の手を握ってしかも傘にかくれて再びキスを・・・!
ウソだろ!
しかしキスしたかと思ったが実は顔を近くに寄せただけ
そして「わからないって言う女は全部わかってるんだ。わかっててこっちの本気を確かめてるんでしょ」と囁く
さすが恋愛経験豊富なイケメンだけに女心を全て熟知していらっしゃる・・・


すると義行は傘にかくれててキスしてるとしか見えないような夏と龍の状態なのに「どうした?」と何の疑問も抱かず近寄って来る
これ見て何も思わないのか?
夏が龍から「夏さんに会いたい」というメールを受けて激しく狼狽してた時は何か気づいてた様子だったのに


結局夏が「良くん(下田翔大)のこと心配してくれてたの」と上手く取り繕ってごまかす
すぐに義行に着信が入り義行が背を向けると龍はまた夏の手を握り情熱的に迫る
すぐ近くに夫がいるってのに・・・上司がいるってのに・・・すごい


夏は家に帰ってレインコートをベランダに干しながら「わからないって言う女は全部わかってるんだ」という龍の情熱的な言葉を思い出し、身体の中のどこかが痛むのを感じていたが、何が痛んでいるのかがわからない・・・
翌日、若林が龍の部屋に会いに来ていたが追い返される
女性ものの傘があるのに気づくと「大切な人の傘」と龍に言われてしまい完全にハートブレイクホテル状態


若林は夏に遭遇する
「積極的ですね」と夏に冷やかされる若林
「これでも傷ついてるんですけどね。私結構本気で(龍のことを)好きみたいなんですよ」と本音を吐露する若林
それを聞いて夏は「思い出した・・・女はみんな同じところが痛む」と内心つぶやく
う~ん・・・これは深い
男の・・・しかもオッサンのこのオレ様にはさっぱりわからない世界・・・


自宅戻った夏は真樹夫(篠田涼也)から龍が風邪で寝込んでいると聞かされる
龍におかゆとメロンを届けようという話になると優美香(山口まゆ)と仲良く勉強していた良が「別にそこまでしなくてもいいんじゃないですか」とイキった様子で口にする


実は良は狸寝入りしていたから夏と龍がキスしていたのを見てしまっていたのである
夏は良にキスしていたことを見られたのかどうかキスいたかどうか微妙な反応で龍の部屋に向かう
良は良で母の莉絵(戸田菜穂)のことがあるから不倫が許せない重いなんだろう


龍は前日に夏に傘を借りたものの、結局借りた傘もささずに雨に濡れながら去っていく夏の後ろ姿を見つめ続けていた
そして濡れた体で冷房21度のままビールをヤケ飲みしてそのまま寝ちまったことで夏風邪をひいたようである


夏は甲斐甲斐しく世話をして帰ろうとするが龍に「いかないで」と止められる
しかし「いや、いい。大丈夫ですありがとう。風邪うつしちゃうから行って」とやっぱり突き放される
しかしまたすぐに「嘘。(ここに)いて」と甘えたように言う
この押したり引いたりは女性慣れした龍の駆け引きなのか不安定な心がそのまま出たものかわからない
しかし実にこの「押して引く」の繰り返しは有効に見えた
とくに夏のように恋愛に積極的に慣れない性格の相手に対しては


夏は龍の背中を優しく叩いてあげる
「何してるの?」と龍が問うが「いいから」とだけ言って背中を優しく叩き続ける夏
龍は「わけわかんねぇ。でも・・・それ最高」と幸せそうな表情
もう不倫待ったなしって感じ


翌日夏は街へ行く
バーバパパ街へ行くみたいな感じ?
家族の為のバーゲン品をしこたま買い込んだ帰りに女性向けショップに入り口紅を見て「女子力」が蘇って来たのか笑顔を見せる


そこに莉絵がやってきて公園でおしゃべりをする
莉絵は家族を捨てた理由を「彼が好きだから」と言い切る
よくある「寂しかったから」とか「欲求不満」とかも否定しないけどそれより何より彼の事が好きだという理由
ただただ「好きだから」という理由だけで夫も子供も家族も捨てて出ていってしまったのだ
真面目に働いている夫からすればそんな理由だけで家庭を捨てて出て行かれたらたまらないのでは
これ男女の立場が逆だったらものすごく反感買って叩かれそうなストーリーだ


そして莉絵は夏に「買えばいいのに・・・口紅」と夏の「女子力復活」に背中を押す
念を押してもう一度「買えばいいのに」と言う莉絵
「怖いね・・・恋愛って怖い」と口にする夏は家族を裏切っている莉絵の方が正直に生きているような気がして、莉絵が手に持っているコーヒー容器に口紅がついているのを見つめる・・・


一方、義行の会社では龍の部屋にあった傘が夏のものだと若林は知る
しかし若林は龍がその傘を「とても大切な人の傘」と答えていたと明かしてしまう
さすがに鈍い義行も密かに進行しつつある不倫という事実に気付き始めた様子
思えば自分で不倫相手を妻に近づけてしまった上に「あんなのでよかったらどうぞ」とまで言ってしまった義行
これを「身から出た錆」と言ってしまえばあまりに酷ではあるが・・・
おそろしいことに・・・なりそうです・・・あうぅ・・・(>_<)




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ゆこ

こんにちは!
私が見たのはこの回だ!3話だったんですね。
あれ、キスしたわけじゃなかったんだ笑。でも上司が、夫が、そばにいながら実にあり得ない行動ですよね。
でもあそこで言った龍のセリフに、私はすごくうなずきました。
夏は龍をゆさぶったりしてはいけないのです。本当に断るならキスされた後にメールを送るべきではなく、送ったのにブロック…とか私は龍がかわいそうだと思いました(*_*)
でもまあ、夏は 好きになって戸惑って、でも既婚だからぐずぐず悩んで迷ってるので、仕方ないですね(^_^;)
by ゆこ (2016-09-05 11:28) 

ショウ

ゆこさまアロハー(^^♪
確かに夏はブレてますよね
メール返信しておいて「会いたい」と言われたらブロック
確かに揺さぶってると言われても仕方ない行為
しかし先に揺さぶったのは龍だろうというのもある
どっちもどっちなんですよね
龍は頭いいんですから夏が不倫できる性格じゃないのもわかるはず
「わからないって言う女は全部わかってるんだ」なんて言うくらいだし
なんでそんな夏に手を出したのかということなんですよね
そのあたりもすごく唐突だったからわけからなくて

by ショウ (2016-09-05 20:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。