So-net無料ブログ作成

ふれなばおちん 6話 ネタバレ [ふれなばおちん]

ふれなばおちん 第6話 「一人にしないで」 ネタバレ(あらすじ感想含む)
夏(長谷川京子)と龍(成田凌)を安居酒屋に呼び出した義行(鶴見辰吾)
いよいよ修羅場かと思われたが義行は酔っているのか酔ったふりなのか取り止めのない話ばかり
龍はそこで「今狙っている相手」としてシゲ(裵ジョンミョン)の全然似てない妹と撮影した画像を見せつける
それを見て露骨にバレバレなほど嫉妬した様子の夏はまぐろの刺身をヤケ食いで「血の味がした」とのこと
義行も「お前さ」と龍とのことを問いただそうとしたものの女店員が思い切り邪魔をするドラマにありがちな展開


義行は龍とシゲの妹との関係をそのまま信じたかは不明だが、とりあえず「嵐」は起こらず終わる
しかし夏は収まりがつかない
優美香(山口まゆ)が捨てたキャミソールをめちゃくちゃに切り裂いてやり場のない怒りを発散させる


翌日、夏のパート先に新しく赴任した新しい店長の伊丹(山本浩司)が新人のパートを露骨にパワハラ口調でののしりまくってた
その新人を夏が擁護すると伊丹の矛先は夏に向かい「なんでオレがパートのおばさんに指示されなきゃいけないの」ととにかくパートたちを露骨に「おばさん」と呼び名前ですら呼ばない最悪なクズ
つーかこんなヤツいるわけねーだろ(笑)
こんなクズを店長にするアホな店なんてあるわきゃないしあったら潰れるわ


とにかくこの一件で夏は伊丹に目をつけられてしまう
これが後に厄介な伏線となるわけだが・・・


龍は所属する劇団が地方局の帯番組に起用されることになり、龍も秋から地方に行くことになるらしい
「水曜どうでしょう」みたいな番組かな
若林(古畑星夏)は龍も地方に行くことを知ると「やっぱひと夏の遊びなんだ。課長の奥さん」とキレ始める
自分が諦めた相手だからこそ許せない思いなんだろう
「そんなんじゃない」と反論し、「オレが良ければいいってもんじゃないでしょ」と答える龍
「じゃ、ゴールはどこよ?あなたの“遊びじゃない”ゴールはどこよ?」と問う若林


若干返答に窮してから「あの人には居場所があるから・・・」と答えをはぐらかす龍
確かに龍は普通に幸せに主婦として母として生活している夏とどうなりたくて手を出したのかずっと不明
この様子だと本人も後先考えずに感情が先走って手を出しちゃったみたいな感じ?
若林はそんな情けない龍の顔を見て「そんな顔するくらいなら奪いなさいよ」と過激発言を残して去っていく


龍はまた宛先を書かず夏の名前だけ記載した手紙を上条家のポストに直接投函する
だからこれ義行に見られたらどうするつもりなんだ
ポストの投函物は夏が必ず確認するようになっていてそれを龍は知ってるってことなのかな?


手紙には「夏さんへ。普通のことをしませんか?例えば2人で映画を見るとか。明日の夜7時、運河パークのシネコン前で待ってます。返事はいりません。来てください」と相変わらず肉食系まっしぐらな強引かつストレートな誘いをしてくる
つーか夏の立場で他所の男と一緒に映画見に行くとか全然「普通のこと」じゃないから(笑)


夏はせっかく龍を忘れかけてこれまでの日常に戻ろうとしていたところに、また龍からの心をかき乱す手紙に動揺してしまう
そんな時、莉絵(戸田菜穂)から着信があり、莉絵は良(下田翔大)や第一話以降登場していない亘(菅原大吉)が夏休みは先方の実家に帰っていることを見越して自宅に戻って来ていて招き入れられる


そこで龍からの誘いのことを話す夏
やはり夏は龍のことまで全て話していた
夏の性格的に下の名前もしらない程度の友達に不倫の打ち明け話なんてするとは思えないけど・・・
戸田菜穂は前回声だけの出演だった帳尻合わせなのか、今回はかなり長く重いセリフが与えられていた


まず夏が龍が他の女と付き合ってると勘違いしていることを察すると「必死だったのよ。旦那さんの疑いをそらすために芝居をしたの。役者さんだから上手すぎてあなたまで騙されたのね」と龍の立場を弁解する
そして「嫉妬した?夏ちゃん。彼が他の女のとこに行くってなった時、手あたり次第物を壊したくなるくらい、胸の中がギューッってなった?悔しかった?悲しかった?」と問う


「(自分が)バカみたいだなって(思った)・・・」と返す夏
「そんな夏ちゃんの100倍くらい彼は傷ついてるよ。旦那さんの横にいる夏ちゃんを見て、彼はどれだけ苦しかったと思う?」と妙に龍の味方をする


確かに夏が義行の襟をめくって酔って首が赤くなってる事を確認する様子とか見て龍は表情が曇っていた
だがなんで莉絵はまるで見てきたかのようにそんなことまでわかるのか・・・


さらに莉絵は「彼は1人なのよ?夏ちゃんには帰る場所があって、そこには温かく迎えてくれる家族がいる。でも彼はたった1人で誰もいない部屋に帰るのよ。それで大好きな人が自分じゃない人と笑いあってるのを想像するの。抱き合ってるのを想像するの。たった1人で。あなたは孤独を知らないじゃない」と、龍と会ったこともないくせに、なぜか全て知ってるかのような口ぶりで妙にイキりながら龍を擁護し、同時に夏を叱責する


「自分は全部持ったままで、それで嫉妬するなんて都合が良すぎない?ホントに好きならリスク取りなさいよ」とついに露骨に不倫と家庭崩壊を焚き付け始めた莉絵
自分が家庭を捨てたからって夏も自分と同じ「地獄」に巻き込みたいのか
だとしたらタチ悪すぎる・・・


そもそも龍が孤独というのもどうなのか
あんだけ歩いてるだけで誰からもキャーキャー言われるような超絶イケメンなら恋人や結婚相手なんていつでも見つかるだろうし、男友達にも恵まれてる様子で人望もある
それで孤独とか言ってたら世の中ほとんど孤独だらけだろう


しかも自分の個人的感情で夏に手を出してきたのは龍だ
手を出して振り回しておいて、違う女に乗り換えたとか言われたらそりゃ夏が腹立つのは当然だろう
莉絵が龍を妙に擁護する理由もわからないし、言ってる事も冷静に考えるとめちゃくちゃだ
しかし前回は声だけの出演だったことで燃えていたのか戸田菜穂の熱演が妙な説得力を持たせていた(笑)


それでも家族を捨てられないと龍との愛に生きることに踏み切れない夏
そりゃそうだ
しかしかなり動揺していて自宅に戻ってもまともにネギも切れないほどだ
優美香が夏の異変に気付いて「どうしたの?」と問う
夏は「あの・・・アタシ・・・アタシ・・・」と何かを言いかけるが「ゴメン・・・いいの」と言葉を飲み込む
義行も「母ちゃん、何かあったの?変だよ最近」と言葉をかける


するとここで莉絵から着信があり「スピーカーホンにして」といきなり指示してくる
スピーカーホンにすると突然莉絵が泣き出して「夏ちゃん、お願い来て!もうどうしていいかわからない。良のことも。夏ちゃんは味方だよね。ずっと話聞いててくれたでしょ?お願い、来てよ。もう1人じゃムリ」と狂言芝居を演じ、夏が動揺してる原因もこれによって説明がつく形にして、そしてわだかまりなく龍に会いに行ける助教に
しかし、そこまでして夏に不倫させたいのか莉絵
なんだかそこまで他人の家庭を間接的にかつ情熱的に破壊工作するのはちょっと怖いぞ・・・


とにかく今回はやたら目立った戸田菜穂
戸田菜穂って「ショムニ」に出てた20代の頃からほとんど顔や容姿変わらないね
20代のころは大人びすぎていて実年齢よりかなり上の役ばかりだったけどようやく年相応になってきたというか
ショムニの秘書課のトップを演じてたけど実は下の子たちの方が実年齢は皆年上だったというね(笑)


まー、そんな莉絵のおかげで「会いたい」という気持ちに素直になって龍の元に会いに行けるようになった夏
走って約束の運河パークのシネコン前へ向う夏
おばさんおばさんやたら言われてるがこんなに走れてる時点でおばさんじゃありません
ホントにおばさんだったら元マラソン選手や陸上選手じゃない限り絶対こんなに走れません(笑)


そして約束の場所でずっと待っていた龍を見つけると夏は背後から自分から抱き着いて「ごめんなさい」と何度も何度も謝る
夏が首をチョークスリーパーのようにツヨクツヨク抱きしめるから苦しいと龍は立ち上がって夏と向き合って抱きしめる
そして夏は「あの・・・アタシ」と何か言いかけようとするが龍が2話以来の「不意打ちのキス」を再びかまして、今度は夏も受け入れて長~く甘く切ないキスをするお2人さん


しかし、いくら莉絵の猿芝居があったとしてもさすがに朝帰りができるわけがない
「ご休憩」が限界だろう
しかし実際はそれさえもなくアテもなくただ街を歩くだけのご両人
しかし龍が遅れて付いてくる夏の手を握ったところで今回の冒頭で伏線貼ってたクソ店長の伊丹が登場
いかにも勿体付けて登場したから最初義行が来たかと思ったが伊丹だとわかった瞬間思わず笑ってしまった
「ショムニ」に出てた相島一之になんとなく似てるねこの人


そもそも義行はベランダに出て夏の帰りを待っていた
そして莉絵が車に乗り込んで去っていくの見てしまう
つまり夏はすぐに帰ってこなきゃおかしい状況になってしまっていたのである


伊丹は2人の年恰好を舐めまわすように目線を動かして見て、夏の弱みを握った事が嬉しくてしかたないのか、ニヤニヤしながら「どうも、こんばんは」とだけ声をかけて再びジロジロ2人を眺めながら去っていく
伊丹に龍との関係を知られてしまい激しく困惑しつつも「最初からわかってる。私たちはどこへも行けない」と自分に言い聞かせる夏が悲しい・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。