So-net無料ブログ作成
らんま1/2 実写版 ブログトップ
前の1件 | -

らんま 実写 感想 [らんま1/2 実写版]

らんま 実写ドラマの感想レビュー兼あらすじネタバレです
まずナレーションを担当していたのがアニメ版で八宝菜を演じていた永井一郎でしたね
波平さんの声と言ったほうがポピュラーかな?
「左様」とか言っちゃったりして
↓早くもブルーレイ化もされてます!

大体原作に忠実な内容でしたね
なびきの年齢設定とか早雲と玄馬の関係(「さん」付け、敬語)など細かい所は違っていましたが
猛虎落地勢とかキツネの紙芝居とか女子更衣室に泉があるとかも原作通りでした

乱馬と久能がキスをするのも原作でらんま(女)が男子キャラに無理矢理ファーストキスを奪われる設定から
かすみの「悪意のない毒舌?」も原作通り
やっぱり長谷川京子が一番原作のイメージに近かったかな
玄馬もかなり近かった
ただかすみお姉ちゃんの料理が5時間かかるとか言う新設定は何の意味があったのか・・・(゜o゜)

世界感としてはオリジナルキャラのオカマ変態教頭が出たりこの辺りは特別ドラマならではでしたね
良牙もシャンプーも右京も八宝菜もコロンもいないんですからそんなもんかもしれません
でも八宝菜という名や乱馬の母が生存しているなど「今後に繋げる可能性」を考えしっかり残してましたね
久能の父が校長先生だとか細かい部分まで(笑)

新垣結衣も頑張って大好きならんまの中に飛び込んで演じていました
あかねのイメージと近かったかどうかは何とも言えませんがあれはあれで良いんだと思います
キスは原作↓にはない雰囲気でしたね

「せめて・・・女の体のうちに」なんてボカしかたしちゃって・・・
それだけで全てを理解してキスをしようとする乱馬もすごいけど(笑)
原作同様乱馬って妙に鋭い所あるんですよね
あかねが東風を好きなことをすぐ見抜いたり
そういう部分まで忠実に描くんだなぁと思いました

「超人」としての部分も上手くCG使ったりして演出してましたね
水とお湯での交互の変身なども
今後良牙が出るようになったら「Pちゃん」をどうするかなどいろいろあるでしょうが

そもそも続編あるのかな
あるならまた2時間単発ものか連ドラ化か・・・
猛虎高飛車など割と中期~後期の技を既に使ってるんですよね
かめはめ波的な技だからわかりやすいですが
最大の必殺技である「飛竜昇天破」も使われるのかな?
その辺りも見てみたい気持ちもありますが
でも格闘よりラブコメ路線重視になるだろうからそこまではやらないのかなぁ

そんな大いなる未来(?)への期待を予感させながら終りました
あ、そういえば原作では曖昧だった早雲や東風先生の強さが描かれたのが個人的には良かったです
以上、らんま 実写ドラマの感想でした



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | - らんま1/2 実写版 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。