So-net無料ブログ作成
南極大陸 ブログトップ
前の1件 | -

南極大陸 8話 感想 [南極大陸]

南極大陸 第8話「栄光なき勇者達」の感想レビューです
あらすじのネタバレ含みます

今回はまず言わせて頂きたいのは鮫島(寺島進)や横峰(吉沢悠)の家族との再会を放送しなかった事
何の為の10分延長だったんでしょう
さすがに北海道謝罪行脚(芦田愛菜頼り?)に時間を割きすぎました
あれだけ伏線張っていた鮫島や横峰の家族との再会を流さないとは・・・
加藤貴子もさくらもあれじゃ浮かばれません
せっかく双子が生まれてやっと対面だというのに
あれだけ難産だったり昭和基地で双子のお祝いパーティーしたりしてたのに
そもそも横峰は子供が生まれるからと越冬を躊躇ったりといろいろ伏線があったのにすべてぶち壊しです

そもそも倉持(木村拓哉)と晴夫(矢部光祐)君の再会シーンさえなかった
「とにかく早く芦田愛菜登場シーンで視聴率回復を」という狙いが露骨でした
氷室(堺雅人)プッシュといい、一部人気キャラのみのゴリ押しがすぎて、
脇を固めるキャストの描写がおろそかになるのはどうかと思います
越冬隊メンバーの中でも嵐山肇(川村陽平)などはホント存在感が薄いままですし
全てのメンバーに脚光を浴びせるのは無理があるのはわかりますけどね

来週には鮫島や横峰の家族とのシーンは描かれるかもしれませんが1週間のタイムラグは大きいです
今から感動の「おかえりなさい」もないでしょうし
そもそも話の焦点は既に第三次越冬隊の選抜に倉持が残れるかどうかに移っています

これはもしかしたら放送一回分かそれとも最終話の放送時間を削られたのかもしれないですね
番組の視聴率が良かったら多分最終話も2時間でやったと思うんです
しかし視聴率は15%前後になっています
削った分を前倒しにしたおかげでこれらのシーンが放送できなかったのでは
それと仲間由紀恵も写真だけで未だに登場しないですね
これもいつ出るのか待っている視聴者はいたと思うんです
故人という設定だから回想シーン限定にはなるでしょうが
まさか最終回まで写真だけの登場なんてことないでしょうね・・・?

それと美雪(綾瀬はるか)ももう素直に倉持を好きという設定にした方が良いのでは
最後に「また南極に行く」と倉持が告白する場面で抱きつくくらいしても良かったと思う
そうじゃないとこのキャラクターはあまり存在意義がなくなってきてしまうし
視聴率がほしいなら恋愛要素も絡めればいいのに
確かにこのドラマは「熱い男達のドラマ」なんだろうけど

次々と命を落としていく犬達には心を打たれました
かわいそうで見てられない
思えば命の尊さを最も感じさせられているこの年にこの放送は厳しかったのかも
それも視聴率低迷の原因でしょうか
ただ個人的にはこのドラマ大好きだから低視聴率は残念なんですよ
だからTBSの社員じゃなくてもこの視聴率はファンとしては歯がゆいんです・・・
ちなみにこの8話の視聴率は15%
前回の13%からは上がっていますが・・・

とりあえず今回はあらすじも何も、南極に置いてきてしまった犬の飼い主たちと倉持のドラマしかなかった
言ってしまえば「ただそれだけ」
木村多江はNHKの「カレ、夫、男友達」でユースケ・サンタマリアの理不尽なDVに無抵抗で耐え続ける役
ユースケに殴られ、椅子で腰を殴打され、頭からマヨネーズをぶっかけられてもひたすら耐える多江
しかしこのドラマではキムタクに激しく噛み付く血気盛んな役
「薄幸な役」を演じさせたら日本一という評判通りの演技の幅が広い女優だなぁと関心
キムタクVSキムタエか・・・

犬達のドラマも壮絶でしたね
生き残りの為に必死に首輪を外そうとあがき、食料を探す犬達
アザラシを襲ってでも食料にしなければ生き残れないわけです
はたして何匹生き残れるのか
最後にリキとクマの「友情」が描かれたのは良かったですね

来週はどうなるんでしょうか
残りあと2話です
以上、南極大陸 第8話「栄光なき勇者達」の感想レビューでした
前の1件 | - 南極大陸 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。