So-net無料ブログ作成
ハングリー! ブログトップ
前の1件 | -

ハングリー 最終回 感想 [ハングリー!]

ハングリー! 最終回(第11話)「空腹が人を幸せにする!俺の料理を食ってくれ」感想(あらすじネタバレ含む)
激動の展開だった先週
英介(向井理)は麻生(稲垣吾郎/SMAP)の傘下に入り、
軽井沢に新規オープンする店のチーフシェフとなる為、2年間のフランスでの料理修行へと進みます。
その前に東(田山涼成)と軽井沢の店を下見して、デジカメで写真を撮ります
出発までは麻生の店「GASTEREA」(ガステリア)で見習いシェフとして働くことになります
食器洗いやまかないメシを作るなど下働きをさせられる英介
ライバルシェフでもある柏木(石黒英雄)にもアゴで使われる立場に


しかしこれくらいならまだ英介は良いほう
剛(川畑要/CHEMISTRY)は麻生グループ参加の銀座三ツ星レストランで年下シェフたちに罵られ殴られる
賢太(塚本高史)は麻生食育スクールでゲイの先輩に迫られやられそうになります


おかげで2人ともせっかくの月収53万円の高収入仕事をやめちまいます
剛に至ってはアルコール依存症みたいになっちまってとことんダメ人間です
2年後軽井沢の店で英介と一緒に働く夢もあっさり諦めた2人
英介一人で頑張ってくれと言われてしまいます
2人のその惨状を知りフランスに行くべきか心が揺らぐ英介


剛が飲みすぎで急性アルコール中毒のような症状になり、
とりあえず「ハラペコキッチン」のあった倉庫に戻ります
そこに現れたのが倉庫のオーナー・金沢亜矢子(矢田亜希子)の夫(梶原善)
彼の口から亜矢子はジュエリーデザイナーであり、
その失敗と挫折で何を食べても美味しいと思えなくなりあれこれ調味料をかけるようになったとのこと


亜矢子は以前「ル・プティシュ」で英介の母・華子(片平なぎさ)が作った料理がお気に入りだったとのこと
またあの味を再現して亜矢子の目を覚まさせてほしいと懇願される
英介は料理の準備に取り掛かる


そして当日
夫に呼び出された亜矢子は出された料理を見て全てに気づく
こんなことしても私の気は変わらないと、依然として倉庫はブッ潰してマンション建てる気に変化なし
英介は食べるだけ食ってみてから言ってくれと言う
亜矢子は食べる
華子の味と違った工夫はされているが味は近いと評価
しかし亜矢子はジュエリーデザイナーとしての挫折の傷が深く、何を食べても美味しいと感じられない
結局その料理にも唐辛子を真っ赤になるまでかけてしまっている


もう話す事はないと店を去ろうとする亜矢子
英介は引きとめどうしてもこの店で続けたいと頭を下げる
賢太も剛も頭を下げる
しかし亜矢子は「大袈裟よ」と突っぱねる
全く話を聞く余地もなさそう
どうしても倉庫を潰してマンションを建設してそれで食っていく気を変えようとしない亜矢子


しかし店の外には今夜の亜矢子へのディナーで店が再開すると思った客が大量に押し寄せていた
ザッと100人以上は軽くいるほど
300人の集客までに半年かかっていた店がである
父の太郎(大杉漣)と千絵(瀧本美織)が呼んできた客たちである


この大勢の客を見てさすがに心を動かされた亜矢子
夫に「彼らの料理を待っている人がいるように、君の新作を待っている人もいる」と告げ、
一緒にロンドンに帰ろうと亜矢子を諭す
あれほどロンドンには戻らないと強い決心だった亜矢子だが、
これであっさりロンドンに戻ってやり直すことを決める


倉庫が今まで通り使えるようになった以上、英介はどうしても麻生の元で働く必要もなくなった
しかし麻生の言う「世界中の人間を喜ばせる」という壮大なビジョンにも共鳴している英介
悩み苦しむが麻生にフランス行きを断る
麻生は激昂し英介を追放
ついでに「ル・プティシュ」の名前も「関わりたくない」理由で突き返す
しかし英介が出ていった後はまた普段の冷静な姿に戻り「まずは食事だ」と食事をオーダーするマイペースな吾郎ちゃん・・・じゃなくて麻生


これでめでたく店はまたスタートできる事に
どこから聞きつけたのか睦子(片桐はいり)も戻ってきてメンバーも元通り
楽しくワイワイガヤガヤする店を今後も切り盛りしていくことに


そして、英介を巡るまりあ(国仲涼子)と千絵の三角関係
次週予告で流れたまりあの「結婚しちゃおうか?」や、千絵の英介に迫るキスなど全てフェイク
「結婚しちゃおうか?」は冗談で、千絵のキスは英介が口にパンを突っ込んで阻止
「ガキが色気づくなんて10年早い」とのこと
英介と千絵は30歳とハタチで10歳の歳の差があるわけです
だからあっさりキスを受け入れるわけにいかないわけで
しかもまりあというフィアンセもいる状態ですから
結局英介は以前千絵に言った通り「オレはお前に恋愛感情はねえ」のままってことでしょう


英介がこれからももっと美味いもん食わせてやるからもっといい女になれと千絵に言うと、
単純な(?)千絵は「よ~しいい女になってやるぞ」と意気込む
まりあはまりあで「あんな若い子に負けてられない」と気合を入れる


そんな感じでこの三角関係は終わり
結局店が安定したら英介とまりあは結婚するんでしょうね
千絵はつけいるスキなさそう
拓(三浦翔平)も千絵のことあきらめないと粘ります
完全にフられたのに
しかも今度は千絵のおでこにちゅうをします


最後は麻生が店をまた外から覗きに来ます
英介のことが気になって気になって仕方がない麻生
新しくなった店の名前を見て「この店にふさわしいチープな名前だ」と微笑んで帰る麻生
あんなに激怒・激昂していたのにもう治まったようです
普通に契約違反ものだと思うけど
よく許したもんです
ちなみに店の新しい名前は「HUNGRY(ハングリー)でした
「身近にいる腹減った奴に美味いもん食わせてやりたい」という英介の気持ちが表れた店名でした


これでドラマ、ハングリーは終了です
最終回の視聴率は14.3%でした
そしてこのドラマ終了から2年後の2014年
このドラマをきっかけに誕生した向井理と国仲涼子のカップルが結婚することになりました
お2人の愛の物語はこのドラマから始まった記念碑的作品になりましたね
末永くお幸せに・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | - ハングリー! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。