So-net無料ブログ作成
遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜 ブログトップ
前の1件 | -

遅咲きのひまわり 最終回 感想 [遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜]

遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜最終回(第10話)「自分らしく咲ける日が来ること、信じていますか?」の感想(あらすじネタバレ含む)です
丈太郎(生田斗真)は順一(桐谷健太)と米を作る事を決意
しかし荒れ放題の破棄田でまた米が作れるようになるまで3年かかると欣治(ミッキー・カーチス)に言われ、3年契約の自分の立場を考えると厳しい将来になりそうです


かほり(真木よう子)はこのまま残って地域医療に尽くすか、東京に戻って癌の研究に戻るかで悩みます
丈太郎の部屋に来て結論が出ない鬱積をぶちまけるかほり
丈太郎と口論になり出ていっちまいます


翌日、丈太郎から電話があり、またカヌーに乗る2人
四万十川でカヌーをこいだり、飛び込んだり(スタントマンが)すると吹っ切れる2人
ついに丈太郎の「お前の夢なんだろ?」という後押しで東京に戻る決心をキメます


さより(国仲涼子)は夫の久志 (矢柴俊博)にちゃんと毎日の飯に感謝しないと別れるぞコノヤロー的に脅します。
久志はさよりのことを本当に愛しているようで離婚はしたくないようで、かなりうろたえて「今夜は早く戻るよ」と改心
さよりはついにタバコとライターをゴミ箱に捨てちまいました


4番ピッチャー松本弘樹(柄本佑)は理学療法士の専門学校の試験に合格し、ついに士業への道を切り開きます
気難しそうな雰囲気もすっかり消え、普通の暗い青年というレベルまで回復してきました
柄本佑をドラマで見るのは2007年の速水もこみち主演「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」のバカボン役以来で、あん時とめちゃくちゃ雰囲気が変わっちまってホント見違えました
あのドラマでこのドラマに出演する香椎由宇や倍賞美津子とも共演済で、
父は柄本明、妻は安藤サクラ、義父は奥田瑛二ですごい一族になりそうです
これもある意味「華麗なる一族」って感じではあるのかな?


そして柄本と「東京タワー仲間」の香椎由宇演じる「美しすぎる看護師」彩花は、過去の恋人の死を乗り越えたとのこと
そして新しい恋人がほしいと丈太郎の前で平然と言うほどになりました
丈太郎は恋人としての選択肢には入らないのかな?
と、言うより丈太郎とかほりの関係に気づいているからなんだろうね
かほりに「丈太郎君借りますね」って言うくらいだから
そもそも皆この二人の関係は薄々分っているフシがある
弘樹も順一も日下(松重豊)も


春菜 (木村文乃)はただ彼氏がほしい彼氏がほしいと騒いでるだけで何も変わっちゃいませんでした
東京タワーのクリスマスツリーが見たいようです
また「都合のいい女」として遊ばれないように願うのみです
文学は危険です
不倫から文学は生まれません


そんなこんなで7人それぞれ新しい道へ進む流れになり、このドラマも終わりを迎えます
個々の関係を見ると、まずは順一とさよりですが、やっぱり既婚者のさよりとの恋愛は無理があり、
さより自身の夫婦関係も改善したこともあり、この2人はもう終わりのようです
さよりはもうかほりの送別会やクリスマスパーティーにも来ていなかったし、
今後はもう地域おこし協力隊のボランティアも手伝わなくなるでしょう


「4番ピッチャー」松本弘樹と「美しすぎる看護師」彩花の“肩書き付き”コンビは、
OPの「あなたに」の背後で流れる映像のように病院の屋上で復縁をやんわり描いて終わります
OP映像のように手を繋ぐまではいきませんでしたが、やっぱり彩花は丈太郎よりは弘樹の方が良いんでしょう
肉体がいいとか言ってたし
ガッチリしてるのが好きってことかな


春菜は・・・大人になってもらいましょう
もう二度と「だから文学は生まれるんだ!」とかわけのわからない言い訳でまた弄ばれないように気をつけてくださいとしか・・・


そしていよいよ丈太郎とかほりカップルです
かほりは東京に戻ったもののオレ個人的に日下を演じる松重豊とどうしてもイメージが重複する中丸新将が演じる悪徳教授の岡島に「あなたの元ではもう働かない」と自分で受け入れてくれる研究所を探すとケンカを売る
岡島は「私の息のかかった研究所では仕事などさせないぞ」と脅迫するが屈しない
丈太郎が言った「夢は私のものですから」をそのまま流用し真木よう子特有のあの目力で睨みつけます
あの目に睨まれたら・・・たまりません
つーか真木よう子顔小さい!!


そしてクリスマス
丈太郎は地域おこし協力隊を辞めちまいました
「どうせ3年だから」という甘えを断ち切り、四万十市の住人として本気で稲作に従事する決意をキメたんです
つまり順一と一緒で、仕事をしながらボランティアで地域おこし協力隊には携るということです
でも3年後までの収入はどうするの?
これ普通にスルーされてたけど・・・
結構大ごとじゃないんかい?


かほりはかほりで東京でなかなか勤務先の研究所が決まらずもがきあがいてコンビニでおでんを買います
丈太郎に東京タワーのクリスマスツリーの画像を送るよう頼まれていたもののそれどこじゃありません
すると丈太郎から「もしもし、オレオレ」とTELが
最終回だけあって「もしもし、オレオレ」→「オレオレってだ~れ」のやりとりも2回あり、
さらにはかほりが丈太郎の部屋をノックして「もしもし、アタシアタシ」とやり、
出てきた丈太郎が「アタシアタシってだ~れ」とやり返すなど個人的にこのやりとりは好きなんで嬉しかった(笑)


そして東京タワーでクリスマスツリーの画像を撮ろうと後退するかほりが誰かにぶつかる
そのぶつかった相手はもう誰もが展開が読める流れだが案の定丈太郎
最終回のあんなラストのラストでぶつかった相手にどこの誰とも知らないただのオッサンが出てくるわけがない
そして「お前に会いに来た」とストレートに告げます
このドラマの主題歌であるMr.Childrenの「常套句」の「キミに会いた~い」が流れる
かほりは「どうして?」と聞き返します
そして丈太郎は「お前に会いたくて・・・」とミスチルの歌詞に乗せた甘いささやきで愛の告白
かほりも目に涙を浮かべて「アタシも会いたかった」と返す


そして丈太郎は結構強引にかほりにキスをする
キスをされてもなんかあんまムードある展開にならず、2人でひまわりを眺めて終り・・・

------------------------------------------------------------------------------

四万十の美しい風景と、人生の岐路に立ちあがいている7人を通して、いろいろなものをこのドラマは僕たちに教えてくれました
最終回ということもあって、OPの「あなたに」の映像では12/1に四万十市で行われた「きみに会いたい フェス」で7人全員の“生歌”に合わせ黄色いバンダナを2000人の観客と振る映像まで流されました
このキャストが歌うというこのOPはホントに秀逸で、こーゆーの他のドラマでもやってほしいと思いました
つーかこのイベント行きたかったなぁ~(>_<)


視聴率的には
1話 13.5%
2話 9.9%
3話 8.0%
4話 8.9%
5話 9.3%
6話 8.6%
7話 7.8%
8話 9.0%
9話 8.7%
最終回 第10話 7.6%
と、初回で固定ファンを多く掴めなかったのが響いたような結果になっちまったようです
個人的にはあの初回も悪くなかったと思うけどなぁ
四万十をまたがるこいのぼりとか良かったと思うけど・・・


「ゴーイング・マイホーム」もそうだったけど、田舎の美しい風景描写に満足してしまい、
ドラマとしての盛り上がりが欠けてしまうと、視聴者もなかなかついてきてくれない現状なのかもしれませんね
でもオレみたいに東京暮らしの人間には四万十の美しさはまるで別世界のようであまりに眩しかったです


そしてこのドラマが終了した半年後・・・
2013年8月12日
四万十市は観測史上最高となる41度を記録して「日本一暑い町」となりました
このドラマの続編があるならば・・・
今度はこの暑さもアピールするよう夏場のドラマにしてほしいなと思います


以上、遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜最終回(第10話)「自分らしく咲ける日が来ること、信じていますか?」の感想(あらすじネタバレ含む)でした


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | - 遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。