So-net無料ブログ作成
泣くな、はらちゃん ブログトップ
前の1件 | -

泣くなはらちゃん 最終回 感想 [泣くな、はらちゃん]

泣くなはらちゃん 最終回(第10話)「私の世界」の感想(あらすじネタバレ含む)です
前回、現実世界からの「半自殺的行為」により漫画世界へテレポーテイションを果たした越前さん(麻生久美子)
とりあえず現実世界の記憶を引き継いだまま3次元の世界から2次元の世界へやって来ました
しかし生身の人間である越前さんは他のメンバー達のように不老不死というわけにはいかないのでは?
病気になったら病院も薬もない世界だけどどうするんだろうかなどと考えてしまったりして・・・




とは言うものの平和な漫画世界
戦争も国境もないまるでジョン・レノンのような世界がすっかり気に入った越前さん
ずっとこの世界にい続ける決意をキメちまいます
しかし仮に不老不死になれたとしてもあんな何もない世界で永遠に過ごすなんて退屈すぎてある意味地獄じゃないんだろうか・・・?


このドラマのプロデューサー・河野英裕が手がけた1年ほど前のドラマ「妖怪人間ベム」でも「死ぬ事もできない」と嘆く主人公のベム達から不老不死の辛さが描かれ、不老不死って寧ろ辛い事なんだなと感じましたが、この設定でもまたそれが思い起こされましたね


矢東薫子こと百合子(薬師丸ひろ子)は越前さんを現実世界に呼び戻そうと漫画ノートを激しく揺すります
「現実世界に帰りますか?」と越前さんに問うはらちゃん(長瀬智也/TOKIO)
「戻りたくない」と拒む越前さん
はらちゃんは越前さんを抱きしめ上から降ってきた「異次元への額縁」を避けます
こうすれば現実世界に出なくても済むんですね・・・
初めて知った・・・
そして百合子がノートを開くと割れた酒瓶やグラスなどが元に戻る事も最終回にして初めて明かされましたね


現実世界に自分は必要のない人間なんだ、自分なんていなくてもいい人間なんだと語る越前さんに、はらちゃんは「そんなことを言う越前さんは好きではありません。嫌いです」と諭します
そして現実世界に帰るべきだと告げ、現実世界と「両想い」になるよう説得します


その言葉で越前さんも現実から逃げることを止め、戻る事を決意します
ある意味史上最大の「現実逃避」でしたね・・・
ひろし(菅田将暉)の奮闘でついにはらちゃんと一緒に現実世界に戻ってきます
いかにもビンタしそうな雰囲気を漂わせながら越前さんに近寄る百合子
しかし越前さんを優しく抱きしめ「おかえり」と受け入れてあげます


はらちゃんは最後に越前さんに「新婚さんごっこ」を提案します
越前さんと新婚さんいらっしゃい状態になりたいと切望します
越前さんも今回の一件で強くなったようで手抜きかまぼこを作成し、
相変わらずおしゃべりばかりして手が動いていない長沼さん(稲川実代子)に「ちゃんとやれやこのヤロー」的にふっかけます


長沼さんは「やる気?」とガラの悪い口調で応戦しますが、
「この世界ももっと好きになりたい」という越前さんの言葉にほだされ素直に応じます
そんな強くなった越前さんを見て嬉しそうなはらちゃんと悪魔さん
そしてはらちゃんは田中さん(丸山隆平/関ジャニ∞)や悪魔さん(清美/忽那汐里)に別れを告げます
田中さんは本当に寂しそうでしたね・・・


「新婚さん」だからなのかついに越前さんと夜を共にするはらちゃん
布団を並べて同じ部屋で横に並んで寝ることまで許されました
ピュアなはらちゃんだから寝込みを襲ったりなどの心配皆無ですもんね
でもそうなったらなったで越前さんも受け入れるような気もするけど・・・
とりあえ布団の中でもスタジャンを脱がないはらちゃんに爆笑してしまいました(笑)


しかし越前さんははらちゃんが漫画世界に帰ってしまう事を知り悲しくて涙で枕を濡らします
翌日は雪の降る中一緒に赤と黄色の傘をさしてデートをするはらちゃんと越前さん
いつもの居酒屋では百合子を交えて3人でお別れの「最後の晩酌」です


漫画世界に戻っても両想いで心は繋がってると主張するはらちゃん
それに対して百合子は「越前さんが他に誰かを好きになったらどうする?」と問う
はらちゃんは「越前さんが幸せになれるのであれば私も幸せです」と100点満点の回答
百合子ははらちゃんのその気持ちは「愛」というものなんだと告げます
「愛」というものを初めて知ったはらちゃん


そして百合子はまた深い言葉を残しましたね
「人間は自分の狭い世界の中が全てだと思ってしまう」と
そして「その世界の価値観と違う人間を変人だと思い拒絶してしまう」と
要するに視野(世界)の狭い人間が世の中多すぎるんだと言う事です
以前言った「この世のほとんどが片想いでできている」とか百合子の言う事ってすごく深く説得力ありますね


昨年のドラマ「恋愛ニート」で爆笑問題の田中が「好きになった人に自分も好きになってもらうのって奇跡的確率だ」とつぶやいていて、僕は大いに共感してしまいました(悲しいことなんだけどね^^)
誰もが誰かを好きになった事はあると思う
そしてその好きになった相手がたまたま自分の事も好きだったなんて余程のルックスの持ち主じゃなければ本当に奇跡的な確率なんだと思います
好きな人に告って、付き合っていくうちにその相手も自分を好きになってくれるというレベルなら「奇跡」というほどでもないですが、告白前から本当に好きな人と「両想い」である確率なんて本当に奇跡的ですよね


それはともかく百合子は帰り道にはらちゃんに「百合子さんの愛は?」と問われたことを思い出し、
封印していた漫画のペン先を取り出します
そしてついに「矢東薫子」として復活し新連載を再開することに踏み出したのです
はらちゃんが背中を押してくれたから
はらちゃんは越前さんを強くしただけでなく百合子も強くしてくれました


そして悪魔さんもはらちゃんに背中を押されたのか、ついに田中さんに愛を告白
こっちは一度恋愛感情が冷めたはずですが、なんだかんだで想いは途切れてなかったようですね


そしてはらちゃんは黄色い傘を持ったまま漫画世界に帰っていきました
越前さんが困った時はまたいつでもやって来ると言葉を残して・・・


越前さんは工場長代理から正式に工場長となり、田中さんが副工場長になりました
長沼さん達の噂話で再三登場してきた「大橋さんの息子さん」がついに最終回で登場
なんとこのドラマで矢東薫子と越前さんが描く両マンガの作画を担当した漫画家のビブオ本人が登場です
矢東薫子と越前さんの描くキャラははらちゃんの目が鋭いかどうかなど違いがあります
そういった違いもうまく描き分けていましたよね
まだ連載作品はなく「無名」の段階に近い漫画家さんですがこれで注目を浴びましたね
「本業」でもヒットも期待してますビブオ先生!!


弟のひろしが漫画家を目指すことになったようで少し強くなった越前さん
描く漫画も愚痴吐きまくりな内容から、明るく楽しい内容に変わりました
ネガティブだった性格がポジティブに変わってきましたね
まだ完全に世界と両想いになってはいないものの「片想いは美しい」という考えを抱けるようになったのです
はらちゃんに会いたいと思いノートを揺すろうとしますが思いとどまって立ち上がる強さも見せ付けました


しかしある日突然の雨にさらされた越前さん
傘もなく急いで走っていてすっ転んでしまいノートが叩きつけられました
すると最初の番宣CMや公式HPなどでずっと描かれていたはらちゃんが黄色い傘を越前さんにさしてあげるシーンがドラマで初めて実現しました
最終回まで溜めに溜めておいた万感のシーンをラストにドラマは終了です

--------------------------------------------------------------------------------------------------

1話から見続けて、1話の時点で最終回は壮絶に切ない別れのシーンがあって絶対泣いてしまうだろうなと思いながらも見つづけて、その別れのシーンは前回に描かれた為、最終回は寧ろさわやかなストーリーで終わりましたから涙も流さずやりすごせました^^
でも前回の展開を最終回に持ってこられたらかなりヤバかったですね(^^ゞ
涙ひとひら^^


でも最近は最終回が雑で大雑把なドラマが多い中、このドラマはすごく綺麗に終わったと思います
エンディングの最後の最後ではらちゃんが黄色い傘を越前さんにさしてあげるシーンが出てきてちょっと感動してしまいました^^


それにしてもOP及び劇中歌の「私の世界」はすごい反響ですね
殺伐とした世の中だからこの曲のメロディと歌詞に惹かれる人間が多いということなんでしょうね
オレもすごくこの歌好きです^^
かもめ児童合唱団は全国的に知名度が浸透しましたね
昭和ウルトラマンシリーズの主題歌もそうですが少年合唱団の歌声ってすごく心に浸透しますよね
なんとなくウルトラマンシリーズの主題歌を連想してしまいました
僕はウルトラマンオタクなんで初代から全部見ているのです^^


視聴率的には
1話 12.9%
2話 10.3%
3話 9.7%
4話 9.3%
5話 9.7%
6話 11.0%
7話 9.3%
8話 9.9%
9話 9.3%
10話(最終話) 10.3%
全話平均・・・10.24%
と、9%台が多いなという印象の数字でしたが全話平均視聴率は二桁を記録しましたね
キャスト的にはかなり地味な部類に入ると思いますが、
ストーリーが良かったのか結構これは「貢献」した部類じゃないでしょうか


2年ぶりのドラマ出演となった長瀬智也
かなりの難役だと思いましたがすごく全力演技でしたね
主題歌の「リリック」も自身で作詞・作曲したほどこのドラマに賭けていたようです


映画出演がメインの麻生久美子
テレビドラマで見かけるのは「時効警察」以来という視聴者が多かったと思いますが、
あの独特の緩い雰囲気は結婚して出産を経た今も変わらないなぁという印象でした
個人的には好きな女優さんなんで、今後はテレビドラマでも活動の幅を広げてほしいなと思います


本当に素晴らしいドラマでした
日テレさんおつかれさまでした


以上、泣くなはらちゃん 最終回(第10話)「私の世界」の感想(あらすじネタバレ含む)でした
最終回の視聴率は10.3%でした


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | - 泣くな、はらちゃん ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。