So-net無料ブログ作成
検索選択
おトメさん ブログトップ
前の1件 | -

おトメさん 最終回 感想 [おトメさん]

おトメさん 最終回(第9話)「告白します」の感想(あらすじネタバレ含む)です
その「告白」とはもちろん、愛の告白でも、1話打ち切りをされた告白でもありません
麻子(黒木瞳)が姑の正江(高田敏江)を殺しちまったという衝撃のカミングアウトのことです
李里香(相武紗季)は「アンタにそんな度胸ねーだろ」的に一笑に付します
しかし麻子は李里香に預金の全てを託し自分は警察に出頭すると告げます




麻子は出頭しようと思うものの、その事で夫の博行(石田純一)やマザコンの優太(郭智博)が世間の冷たい視線をその全身に存分に浴びる事を思うと不憫になり、飛び降り自殺をしようとします
そこに今では麻子にとって「親戚」であることもわかった優秀な刑事・呉竹(大地康雄)に止められます
呉竹は娘の嫁ぎ先の姑の自殺を阻止し、娘に電話し、姑を引き取らせます
自宅に戻った麻子は、憎き嫁と頼りない夫と情けない息子の前で「姑殺し」の真相をつらつらと述べ始めます


まー麻子が姑の首を絞めたり刃物で刺したりなんて展開は考えにくいし、
病気か発作が発生してそれを見殺しにしたとかそんな展開だろうと前回から予想はしていましたが、
本当にその通りの展開だったから逆に笑ってしまいました(笑)
ただ、麻子は見殺しにするつもりがあったのではなく、どうせ仮病だろうと思い家を飛び出し生まれて初めてのパチンコを楽しみ、CR海物語で確変を引いたものの、結局飲まれて金も尽きてしまったのです


麻子がそんな事をしている間に正江は息を引き取ってしまいました
正江も正直人間的にどうかと思う人格なんでさすがに同情する気も失せる部分がありますが、
あんな苦しんでるのに仮病と思いこむ麻子もどうかと思いました


とりあえず「姑が苦しんでるのに放置してパチンコしてたら手遅れになってしまった」という事実をずっと隠し続けていたことで、ナイーブかつ、マザコン兼グランドマザコンでもあった優太は出て行ってしまいます
前回のことで少し男らしくなったかと思いましたが相変わらず優太は繊細で気難しい性格です


博行も「何と言っていいかわからない」と去ってしまい、麻子はやはり警察に出頭
今度は李里香が付き添い、そして呉竹を「指名」して呉竹に真実を述べます
しかし麻子に殺意があったことの証明が不可能と言う事で麻子は一晩交流されただけで釈放されます
「それじゃ私は罪をどうやって償えばいいの?」とすがりつく娘の義母に対し「甘ったれるな!」と一喝する呉竹
警察は罪の清算をする場所ではないそんなことは教会にでも行ってやってろ的に突き放します


結局麻子は家に戻れずボロアパートで一人暮らしを始めます
仕事を探すものの50歳で職歴なしが響き全く採用してもらえず
迎えに来た李里香も追い返しちまいます


李里香は優太や博行に一緒に迎えに行くよう求めますが、どちらも腰が重いです
博行は散々自分を苦しめた男を狂わせる悪女の早瀬(臼田あさ美)が突然寿退社する事になり、
一条(神保悟志)からはクビをかけて仕事するようもトメられていてそれどこじゃないですが


結局李里香が家の物を次々と捨て始める暴挙に出て、
その事を優太から電話で知らされた麻子はさすがに水沢家に戻ってきました
さらに正江が息を引き取った日、正江が博行にも電話をしていた事実が判明し、
しかし演じる役者のイメージそのままに女好きな博行はその時は職場の不倫相手と楽しくトーク中で、
その「ヘルプコール」をスルーしてしまっていた事実まで明かします


これにグランドマザコン精神溢れる優太が激怒し博行に突っかかります
家中のガラス製品が割れ、その音で美由紀 (鈴木砂羽)達が気づき110番通報
呉竹達が駆けつける事態となりました
ここで李里香が自分を捨てた事を呉竹になじります
謝罪する呉竹


言いたい事は本音をぶつけ合って言い合えばいいと麻子と李里香はストレートに悪口の応酬
ノーガードで本音をぶつけ合いなんとなくスッとした表情の李里香と怒りに満ちた表情の麻子
そして最後は二人で全く噛みあわない会話をしながら朝食を作るシーンでドラマは終わっちまいました・・・


「全9話」なんてドラマがあるわけがなく、本来なら10話まで予定されていたんでしょうが、
数字的に振るわなかったのか1話短縮して最終回自体も放送時間拡大もせず終ったことで、
かな~り視聴者を置き去りにしたまま終わってしまったような印象ですね
まるで李里香が空っぽにした水沢家のような気分にさせられました
最終回だってのに倉島(渋川清彦)も川村のりえ(逢沢りな)も登場せずに終りました


特に川村はすごく意味ありげな存在だったからこの終わり方は以外でしたね
優太に気があるような感じにも見えましたし・・・


視聴率的には
1話 13.6%
2話 12.1%
3話 10.6%
4話 9.3%
5話 10.4%
6話 10.7%
7話 10.9%
8話 11.4%
9話(最終回) 13.6%
全話平均視聴率 11.5%
と、そう悪い数字でもなかったんです
今クールは他のドラマもそうですが9話で打ち切りにする基準が厳しいみたいですね
前クールなんて視聴率が全話1桁だったドラマでも11話まで放送したりしていたのに


李里香と呉竹の関係もすごく中途半端に終わってしまいましたね
もっと突っ込んだ話をするかと思いましたが
そして李里香の「本当にほしいもの」って結局なんだったんでしょう・・・


そんな様々な伏線を残しドラマは終わりました
続編やる余地はめちゃくちゃありますが続編やるくらいなら10話まで放送するだろうしないでしょうね
ただこのドラマの鈴木砂羽は髪型のせいかすごく若々しく可愛らしい印象でしたね


以上、おトメさん 最終回(第9話)「告白します」の感想(あらすじネタバレ含む)でした
最終話の視聴率は13.6%を記録しました
これは昨今のドラマ業界からすれば高い数値だけにちょっと残念な最終回でしたね


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | - おトメさん ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。