So-net無料ブログ作成
検索選択
福家警部補の挨拶 ブログトップ
前の1件 | -

福家警部補の挨拶 最終回 ネタバレ [福家警部補の挨拶]

福家警部補の挨拶 最終回「女神の微笑」 ネタバレ(あらすじ感想含む)
新感覚女コロンボ風刑事ドラマ「福家警部補の挨拶」もついに最終回
個人的に今クール1番注目のドラマでした
最終回のゲストは檀れいにとって宝塚の大先輩である八千草薫
ホントいつ見ても品の良いお美しさに満ち溢れて・・・
人間このように美しく年齢を重ねていけたら良いものですねぇ


人間は性格やそれまでの人生が顔に出る生き物です
八千草薫さんのあのお上品な美しさはどのような人生を過ごして来たら形成されるものなんでしょうか
SMAPメンバーとは今回の吾郎ちゃんが初ではなくフードファイターのつよぽん以来の共演になるのかな


今回のテーマは「悪人なら殺して良い」、「警察は何もしてくれない」という良くありがちなテーマの殺人犯でした
ただ、読唇術を操り、さらに爆弾を作成することはできるとしても、どうやって犯人グループの行動を知り得たり、
犯人が用意したバックと似たバックを事前に用意できたかとか・・・
しかもそのバックは似ているものの別物であるのも明らかだし重さも違うし犯人はなぜ気づかなかったのか
そもそも悪人がミカンなんて拾ってくれる可能性のほうが低いだろうかとか・・・
ちょっといろいろムリありすぎる展開でしたね


その一方で福家警部補も転んだ拍子に一瞬だけ見た車いすのナンバーをその場で暗記するなど超人技もいいとこで、そもそもぶつかった時点で既にあの2人を疑っていたのかという話であり・・・
不自然に大きなリュック(すりかえたバック入り)が目に入っていたのかもしれないけど・・・
どっちもどっちでいくらドラマだからと言ってもありえないなぁと思ってしまう要素も多かったもので
どちらももう少し掘り下げが必要だったのではと思ってしまいました^^


犯人の後藤喜子は可愛い宝塚の後輩だからというわけでもないでしょうが福家に手の内を明かし過ぎましたね
結果的に最後は「爆弾製造室」まで福家に見せてしまったことが命取りに
しかし最後の様子ではむしろ福家に証拠を突き止めて自分たちの「正義の暴走」を止めてほしかったのでは・・・
最後夫の秀治が「なぜ彼女を気に入ったのかわかったよ」と言った理由がはっきりしませんでしたが・・・
でも喜子は最初から福家に好意的だったしもしかしたら亡き娘にその姿を重ねていた・・・のはさすがに考えすぎかな・・・



ただ・・・おそらくあなたも思ったであろう最後の後藤夫婦の「自殺」のシーン
あの超人的なカンの鋭さと洞察力を誇る福家があっさり死なせてしまったなと思いましたよね
「娘に挨拶させて」と言って福家をソファーで待たせた時点でピーンと来るものですが
古畑任三郎で言えば松本幸四郎がゲストの回で同じような展開になりました
全てを失った犯人を1人にさせてはいけません


まして後藤夫妻はいくら正義の為とは言え過去の犯行まで掘り下げればもう死刑は明らかです
そうでなくても高齢で刑務所暮らしは耐え難いでしょう
おそらく「自爆用」の爆破物を常に用意していたんでしょうね
それだけに妙にあっさり福家が「はい。わかりました」と納得してソファーで待ってしまったなと
前回の岩城滉一の回では娘の自殺に気づいて止めたけどあっちのほうがよほど気づくのは困難だったはずなのに・・・


最終回としての演出の為と割り切るしかないですが
それにしても結局福家の過去もはっきり明かされず終わってしまったのも拍子抜けでした
前回石松が見つけたあの写真は何を意味していたのか
はっきりせず終わらせたと言う事は・・・つまり・・・
「続き」があるってことなんでしょうか?


視聴率は
1話 14.2%
2話 11.5%
3話 9.3%
4話 10.2%
5話 7.8%
6話 8.4%
7話 7.9%
8話 9.1%
9話 9.1%
10話 9.3%
最終話 8.6%
平均 9.8%

この最終回視聴率は8.6%
出だしは良かったけど中盤から失速してしまったような流れになっています
ただ今クールはドラマ史上最悪というほど全体的に視聴率が各局各ドラマとも低調な中で、
「そこそこ」な数字でもあり、キャスティングもゲストも極めて地味でその分経緯(ギャラ)は抑えて低予算で作成できているという点では局側としては及第点を与えられるのかもしれませんが・・・
ただやっぱり人気がなければ意味がないのも事実ですしどう判断するんでしょうねぇ・・・


個人的には好きなドラマだからもっと続いてほしいなと思うけど、
毎回ラストは犯人に福家が強烈な一言を投げかけてそこでバサッと切ってしまう手法なんですが、
これはちょっと余韻に浸れないしもう少し犯人がどうやって犯した罪に向き合うか描いてほしい気もします
特に2話の富田靖子の回なんて彼女がヒステリー起こして喚いてる状態を一括しただけでいきなり終わってしまったしさすがに唐突過ぎるなぁと感じてしまうものです


そういった部分も含めていろいろ「実験的」要素も多いドラマだと思いますが、
主演の檀れいは好きな女優さんなんで、今後も金麦のCMばかりじゃなくいろいろドラマに出てほしいです^^


福家警部補の挨拶 最終回「女神の微笑」 ネタバレ(あらすじ感想含む)は以上です
次期ドラマも続いて刑事物『「ビター・ブラッド」
檀れいと「美しき隣人」で夫婦役を演じた渡部篤郎が珍しく刑事を演じています!!


前の1件 | - 福家警部補の挨拶 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。