So-net無料ブログ作成
サムライせんせい ブログトップ
前の1件 | -

サムライせんせい 最終回 感想 [サムライせんせい]

サムライせんせい 最終回 感想(あらすじネタバレ含む)
この最終回を見てビリビリ感じたのは坂本龍馬(楢崎梅太郎)を演じた神木隆之介の役者としての素晴らしさ
まさに「千両役者」という表現がピッタリの演技力
そして目力
もう画面に神木くんが出てくるだけで何か惹きつけられてしまう雰囲気を持っている
主演の錦戸亮も決して悪くはないんだけどやっぱり子役時代から経験を積んでる神木くんには「プロ」を感じる


神木くんは舞台経験はない・・・と、思われるけど、まるで長年舞台経験を積んできたベテラン俳優のような演技力・表現力・オーラを感じる
現代風の軽い龍馬をコミカルに演じながら、時が来れば熱い志を持った「真の龍馬」を演じるギャップ
剣さばきや殺陣に関しても多少スタントマン入ってはいたと思うけど、
やはり源義経(牛若丸)あ「るろうに剣心」の瀬田宗次郎を演じてきただけあって、
顔が見えているシーンでも素晴らしい剣さばきを見せていてアクションにも対応できる身体能力も感じられた


とにかく神木くんは目力が素晴らしく、これって一流役者の条件みたいなもんだと思う
一流俳優って大抵目力がすごいから
黒いジャケットを着て活動する「楢崎梅太郎」の姿を見てて思ったんだけど、
フジテレビが続編を作りたくてうずうずしているであろう「古畑任三郎」の二代目には彼が適任と思えた
当然「若すぎるだろう」という声が出るが、別に古畑は架空の人物なんだから若くても問題ないはず
「20代の古畑任三郎」を演じきれるのは彼しかいないんじゃあないだろうか


古畑任三郎の生みの親である三谷幸喜は田村正和の後任として三上博史を検討していたという噂がある
そして三上博史は犯人役として予定もされていて既に脚本も作成されていたらしいが、
他のドラマの撮影とバッティングして三上の出演は「お蔵入り」となった経緯もある


個人的に三上博史ファンとしては「三上古畑」も見てみたい気がするが、
三上だとちょっとシニカルすぎてしまう気もするし、
NHKで制作された「実験刑事トトリ」でかなり古畑チックな世界観(今泉的な相棒までいるし)を演じていて、そっちがシリーズ化して続いてほしい気持ちもあるんで、
新・古畑は神木くんなら適任ではないかと今日見ててなぜかつくづくしみじみしっとりと考えさせられちまった
金田一もめっちゃハマりそうだね


なんだか神木くんageみたいな内容になってしまったけれど、
ドラマ自体本当に面白いドラマだったし、
150年前と現代とのギャップに戸惑う武市半平太の姿はかなりツボだったし、
最後までテレビ・パソコン・ケータイを全て一括りにして「絵箱」と表現したり、
焼きそばを「泥蕎麦」と表現する独特の「古語役」がとてもおもしろく、
また半平太が口にする「古語」を現代語に翻訳する龍馬も大変おもしろかったのである


ちょっと残念だったのは海道匠が急にヘタレビビりの小物感が思い切り出てしまって、
最後まで貫禄と威厳をキープしていてくれればもっと緊迫感があって面白かったのになぁと思う
前回あれだけいた黒服の取り巻きが今回は少人数しか登場しなかったし、
神里村にも部下の中で唯一拳銃を所持している(と、思われる)栗橋剛毅しか連れていかなかったり・・・
栗橋を演じる三上市朗もいまいち迫力不足だったような・・・
石田ニコルのナックルダスター(メリケン)・パンチ一発で失神KOされちゃったね


セクハラ課長の小宮山も最後は村の為に男になるシーンがあるかと思いきや、金をチラつかされて海道側に立つなど最後の最後まで何も良い所がなく終わってしまったが、梶原善が演じるキャラってこんなヤツばっかりだからある意味「らしい」感じではある


その小宮山の明らかに逮捕されてもおかしくないレベルの悪質かつ執拗なセクハラに耐え続けた晴香(比嘉愛未)が次期村長になっているのはさすがに段階飛ばし過ぎて無理ある気がするけど
「美しい村長」って言いたかっただけみたいなさ
原作に登場しないキャラだから何とでもできるのはあるけどね
半平太との恋愛的なシーンは一切なかったけど、半平太に惹かれつつある雰囲気は描かれていたね
続編があれば恋愛要素も不可欠だろうけど


黒江S介先生による原作もまだ始まったばかりでこれからも続きのストーリーはどんどん生まれてくる
当然、「サムライせんせい2」が放送される可能性もあるだろう
この金曜ナイトドラマ枠は続編化される作品多いからね
各話視聴率は
1話 7.4%
2話 4.8%
3話 6.1%
4話 7.2%
5話 6.8%
6話 7.1%
7話 7.0%
最終話(8話) 7.3%
全話平均 6.7%
という状況
過去のこの枠のドラマだと「特命係長・只野仁」シリーズや「時効警察」シリーズや「TRICK(トリック)」シリーズなどの名作の数々が10%以上の平均視聴率を叩きだしていて、それらに比べれば数字的に見劣りする


しかしあの「トリック」シリーズだって第一部は平均視聴率は二桁に遠く及ばなかったが、第二部で人気が急上昇してその後はこの枠からの最大のヒット作品となり深夜枠から飛び出してゴールデン枠で放送され、劇場版も公開されるほどになったわけである


この「サムライせんせい」も今クールのドラマの中では22時台に放送されるドラマには引けを取らない数字を残している
健闘の部類ではないだろうか
そもそもこの作品は「伸びしろ」がまだまだあると思うんだけどなぁ


今回で終わりなんて寂しいこと言わず続編期待してますよ
原作があるからあまり好き勝手できないけど・・・
新選組の沖田総司あたりもタイムスリップさせて現代風のイケメン沖田でも描いたらさらに人気高まるのでは?
ジャニーズ繋がりで山田涼介くんとか中山優馬くんあたりをキャスティングしてさ
当然新選組は龍馬や半平太とはモロにベクトルが逆向きだから「敵」として現代に舞台を変えて闘うとかね
そうなりゃヒット間違いなし?


ちなみに龍馬が肘をついて写っているあの有名な写真だけど、なんで龍馬があんな格好してるかというと、当時の写真技術では30分間同じ姿勢でじっとしていなくてはならなかったらしく、それが苦痛で仕方ないからあのように何かにもたれかかっていなければやってられなかったというのが真相
神木くんの龍馬も現代風のカッコしてもたれかかってカッコよく写っているけど、当時の龍馬は決してキザにカッコつけているわけじゃなくて「しんどくてしょうがない」状態だったんだよ(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | - サムライせんせい ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。