So-net無料ブログ作成

プラトニック 5話 感想 [プラトニック]

プラトニック 第5話 「恋」 感想(あらすじネタバレ含む)
青年(堂本剛/KinKi Kids)に迫った沙良(中山美穂)は気恥ずかしさから顔を合わせにくくなる
飯だけ作って「温めて食べて下さい」と書置きを残してそそくさと最愛の紗莉の見舞いに行く沙良
そこをいきなり立ちはだかるいかにもうさんくさい人間
それは探偵の橋詰五郎(武智健二)だった


橋詰は青年の写真を見せて「この人を知ってるかい?」的に聞いてくる
その写真は屈託のない笑顔の青年だった
沙良は知らないとすっとぼける


一方、青年は倉田(尾美としのり)に沙良との過去の事を直接問い詰める
・・・そんなことする意味あるのか???
良くそんな話聞きに行けるなあ・・・


しかし倉田は沙良を抱いて妻子も約束された地位も失った代わりに医師に必要な大胆さを手に入れたと強がる
自分に「自信」がみなぎったと強調し、それ以来手術の失敗はないと言う倉田
何かを得るためには何かを失わなければならないという考え
悪魔の契約みたいなもんですかね
そして紗莉(永野芽郁)の手術も成功するだろうと自信に漲る倉田


沙良は紗莉に「自分に興味がない性格」と指摘される
確かに沙良は普段はあまり「自我」というものが感じられない
ただ、「100」の状態が出た時はとんでもない行動力を発揮するわけだけど・・・


相変わらず家に帰らずコンビニや沙良の家に寄生している和久(小泉孝太郎)
コンビニの商品をパクつきながら青年に性欲はないのかと自分がすっかりセックスレス状態で欲求不満だからって卑猥な質問ばっかり投げかける
和久は結局未だに家に帰ってないとのこと
車で寝泊まりしたりしている状態でサラリーマンにありがちな「帰宅拒否症」だと強調する


そこに都築(野村麻純)がまたやってくる
超ミニスカート以外の衣服はないのかと言うくらい毎回毎回超ミニで登場する都築
それをいやらしいなめまわすような視線で見つめる欲求不満の和久・・・


夜勤上がりに青年と入れ替わりの広末(前田公輝)が青年に最敬礼状態で挨拶をする
「都合のいい男」臼井(西原純)は「お前、前と違って随分素直じゃねぇか」と茶化す
広末は相手の手を握ると、近い未来その人が最も美しいと思ってる景色が見えると自分の超能力(予知能力)について初めて臼井にカミングアウトする
誰かに自分の能力を話すのはこれが初めてなんだろうか?
正直そこまで臼井と信頼関係構築してるとも思えないが・・・


当然そんなこと信じられるわけがない臼井
沙良と青年の異常な関係を理解して受け入れた臼井でさえ受け入れられるわけがない
こんなもんな人間の能力じゃないんだから
しかし広末はキッパリと「あの人は、マジ、死にます」と断言
実質ストーリーテラーの広末がそう言う以上は青年の死はもう確実なんでしょうね・・・
それにしても「いちばん美しい景色」が見えるだけじゃ未来予知とかは未来予知とかは無理そうだな
そう考えると大した能力でもないような気がしてしまうのもなんか残念
まーあまりに便利過ぎる能力じゃ一気にリアリティのないドラマになっちゃうからな


沙良は青年に探偵が探しに来ていると告げ、いないと嘘をついたとも告げる
青年は「それでいい」と認め「探しているのは親じゃなく弟だ」と寂しげに語る
両親にあまり愛されてないようなことを口にする青年・・・


青年は大好きなテツ(尾藤イサオ)に会いに行く
しかしテツは肺炎をこじらせて死んでしまったと告げられる
青年は大きなショックを受け初めて激しく狼狽する


沙良は病院で倉田に何で自分たちの事を青年に話したのか問われる
倉田はやはりあの夜だけでそれ以降一度も沙良を求めなかったとのこと
たった一回の夜の為に全てを棒に振った倉田
ある意味勇気のいる決断だったと思う
後悔している様子も全くない


沙良は自分の事を誰かに話すのは苦手と認めながらも青年には何もかも話してしまうと告げる
倉田は沙良の性格は「人に興味がない、おそらく自分にも」と指摘
それは紗莉にも同様の事を指摘されていた沙良
そのような意識が欠落しているから時に自分の魅力・魔力を持って大胆な行動に出られると指摘
しかし今は詰まっていた血管が流れ出すようにおそらく自分でも初めて素直に自分を打ち明けていると指摘
そして「彼(青年)に恋をしている」とも指摘する倉田・・・


青年が夜勤の時間にも戻ってこないことで沙良は和久と前回ちょっと打ち解けた武彦(吉田栄作)を家に呼ぶ
和久は都築の事をほのめかしながら女とどっかにシケこんでるんじゃないかと茶化し沙良に怒られる
武彦はアホの和久をコンビニの店番に入るよう命令
「明日仕事あるんですけど~」と言う和久に「ロクな仕事してないんだ」と一蹴
「そんな~」と言う和久に「いいから行け!」と恫喝する武彦にすごすご従って店番に入る和ちゃん・・・
沙良にベタ惚れの武彦は沙良の為に力になってやりたくて仕方ない様子


沙良は探偵が青年を探しに来ていたことを武彦に明かす
しかし武彦は青年が多重債権者で借金取りに追われていて捕まったんじゃないかと言う
沙良は「そんな人じゃない」とフォロー
武彦だって「怖い顔するなジョークだよ。オレだって人を見る目はある」と武彦
しかし青年を「24時間監視でもしていない限りどうしようもないだろ」と諭す


和久のユニフォーム姿初披露
和久はレジくらいはできるらしい
客は全然来ないが都築がやってきた
下心丸出しの和久は都築に話しかける
しかし都築は自分より沙良の方が「先輩美人」と言われ怒って帰ってしまう
相変わらずいやらしく都築の足をなめまわすように見ながら「溜まってんな・・・オレ・・・」と切なそうな和久


青年はテツのテントの中でテツの毛布にくるまり、テツのにおいをかぎながら泣いていた
「誰かいないのか・・・この世界には」とつぶやきながら・・・
都築がテツのテントにいるのではとやってくると青年は冷たくなっていた
瀕死なのか死んだのかとにかく119番状態だと思うけどなぜか都築は青年をラブホテルに連れてきたようで・・・
当然都築は青年に迫る
和久だったら泣いてとびつく状況だろうが・・・


都築の左手首にはやはりリストカットの痕があった
少なくとも過去に3,4回は死のうとした過去がその手首に刻まれている・・・
青年は「よせ!」と怒鳴って都築を振り払う
「違うんだ・・・。僕は違う。共に堕ちていく相手を探しているんじゃない。そんなことで救われはしないんだ」とつぶやく青年


都築は「ふざけないでよ!」と絶叫して枕を投げつける
「何?何なのよ!ただのいくじなしのくせに」と言葉を投げかける
青年は「あぁ・・・そうなんだ」と言葉を残し妙に高そうなラブホテルを後にする・・・


またも沙良のところに名探偵・橋詰五郎がやってくる
ついに青年が夜勤勤務中の写真を見せつける
さらに橋詰は沙良と青年が結婚していることまで突き詰めている
言い逃れができなくなった沙良・・・
沙良は100万円を橋詰に渡して口封じを願う
高額な紗莉の医療費+店はガラガラだが100万円をポンと出せるくらいの蓄えはあるようで


橋詰は「評判が左右する仕事なんです・・・こんなことされても困るんですよね」と渋る
しかし「ただ・・・」と沙良の手を握って露骨に体の関係を迫って来る
沙良はまた「体を張る」かどうか迷う表情
しかし青年の顔が次々浮かび青年への愛情が貞操観念に発達したのかもう沙良は流されない
そこにあったボールペンで橋詰の手をブッ刺そうとする
橋詰は妙に弱腰でそれだけでビビッて帰ってしまう(100万円はしっかり持って帰ったが)


青年は紗莉の見舞いに行く
これまで死と向き合ってきた紗莉に「キミは死ぬのは怖くないの?どうやってそれを克服したんだ。いなくなるんだ。自分が突然いなくなる。存在が消されるんだ。怖くないのかい?」と問う
手を握って「寂しくはないのかい?お願いだ・・・教えてほしい。僕を救えるのは・・・」とさらに懇願するような青年紗莉は手を振りほどき「やめて」と怯えた表情


青年は「そうか・・・違うんだ本質的に」と悟った様子
「ゴメン、どうかしてた。ホントゴメン・・・」と去る青年
すると帰り道の青年に武彦から着信が入る


武彦は何があったか青年に問う
青年はためらうものの「知り合いが・・・懇意にしていた方がお亡くなりに・・・」と答える
「そうか・・・それで悲しいっていうより怖くなっちまったんだな」と青年の心境を見抜くさすがに頭のいい武彦
「自分でも驚きました。そのような気持ちはとっくに克服したと思っていたので」と返す青年
「頭ではな・・・」と返す武彦


ここで「よう、ソープでもいくか」と相変わらずシリアスな場面にKYなジョークを挟むのが好きな武彦
しかし「真面目な奴って気の毒なもんだ。自分で自分の首を締めちまってるんじゃねぇのか?移植の申し出の事もよ。ヒーローっつうのが使命感でどこか日常も縛られる。今じゃどこぞでのたれ死ぬわけにもいかねぇってな」とまたも青年の辛い心理状態を悟ってあげる武彦
青年が傍若無人な武彦を「嫌いではない」と言うのはそんな部分なのかもしれない


「こんなこと言ったら、沙良には怒られるかもしんねーけど、このままどこか消えちまったっていいんだぜ?」と青年に語り掛ける武彦
「オレはどこかであの子(紗莉)の死を受け入れちまってるところがあるのかもしんねぇ。ちっちぇぇ体にあんなでっかい手術の痕見せられたらな・・・もういいんじゃねーかって・・・痛々しくて見てらんねぇってな・・・父親として冷たく聞こえるか?」と問う武彦


僕も心臓を手術した友人がいますが、実際は手術跡はあんなものじゃ済まないですけどね
ドラマだから紗莉の手術跡は控えめなものにされていますが
まーそれはそれとして武彦の問いかけに「いいえ」と返す青年
「送ってもらえますか?夜勤に入ります」と武彦に告げる青年
「そうか・・・」と青年の心情をくみ取る武彦


紗莉は沙良に青年が見舞いにきたことを告げる
青年の様子が悩みとか不安なことがあるようないつもと違う様子だったと明かす紗莉
沙良は青年の事が気になってたまらない
店に戻ると臼井から青年が戻ってきていると告げられる
青年はシャワーを浴びていた


「すみませんでした・・・」と青年
何も答えず美しい笑みをたたえる沙良
爪を切りながら語る2人
弟の事をいろいろ聞く沙良
勉強はスポーツは青年の方が優秀だったものの弟は「自然と愛される」人間だと語る青年


弟は青年の病気を知った時も「なぜ、ボクじゃなく兄さんなんだ」と嘆き悲しんだとのこと
しかもそれが本当の心の叫びだと人間心理に精通している青年にはわかったわけです
なるほど・・・そんな性格なら誰からも好かれるでしょうね・・・
弟のそんな屈託なく無邪気で素直な姿は青年には眩しかった
逆に青年は親に好かれようと空しい努力を続けたものの、それが卑屈でいやらしい性根と感じられて弟に両親は弟をどんどん愛するようになったとのこと


自分が必要のない人間ではないかと子供の時から苦しんできたと語る青年
それが自分が必要以上に死ぬことに過敏になっている原因なのかもしれないと続け、
「一度も自分の生を肯定したことがない」と語る青年


沙良は倉田に自分が青年に恋をしていると指摘されたことを明かす
沙良だけにサラッと言ったけどこれってめちゃくちゃ大胆で勇気のいる実質告白です
やっぱり沙良は普段は何にでも無関心なのに突然大胆になれる・・・


そして「双子だったんでしょ?」と青年に問う沙良
青年は「どうしてそれを・・・」と驚く
最初に名(迷?)探偵・橋詰に見せられた写真で違和感を感じたと
「すぐに違うとわかった」と沙良
「弟さんの事は知らない。でも・・・あなたのことはわかる」とますます男心を狂わす殺し文句を続ける沙良


「嫌われてしまうと思えるような自分の辛い過去の話まで知ってほしいと話してまう」と沙良
「あなたに会うまではそれが辛いとさえ感じていなかった・・・」と続けた沙良
そしてついに「初めて会った時からずっと好きでした」的な第二の告白をたたみかける沙良
綺麗な夕日をバックに鶴を手にかかげていたヒゲ面のあの青年に恋をした沙良
そりゃそうだよな
惚れてなきゃ得体の知れない男といきなり当日同棲しないもんな


「それは私が紗莉ちゃんの救世主・・・(だから)」と言いかける青年を否定する沙良
「声が聞こえたの・・・あなたのきっと・・・心の声が・・・」と沙良
青年は打ち震え少し声が上ずりながら「どんな?」と問う
「誰かいないの?って。この世界に・・・自分の他に誰か」と返す沙良
いやいやいや・・・そんな都合よくピッタリと心の中を見抜いたレベルのことまで理解できるもんなのか(笑)
半・予知能力者の広末でも無理だろそんなの(笑)


それはともかく「狭い世界の中にいた私も自分の扉を初めて開いたの。だって、声なんて聞こえたことなかったから。」と続ける沙良
「僕の世界に・・・?」と問う青年に「私がいた」と返す沙良
「あなただったんだ・・・」と涙ながらに語り掛ける青年
「それは私も同じ」と沙良


「近くに行ってもいいですか?」と青年
沙良も嬉しそうにうなずく
青年が爪切ってたこともありなぜかワンワンポーズ(よつんばい)でジワジワと近づく沙良と青年
「これからは・・・24時間・・・・」と武彦が口にした表現をそのまま投げかける沙良
「片時も」と青年
「離れない」と沙良・・・ってまるで呼びかけのように綺麗にセリフを分担しているまさにドラマみたいな展開(笑)


そしてついにワンワンポーズのまま甘く切ないキスをする2人
ここでビリー・ジョエルの「ストレンジャー」が流れエンディングロールへ
さすがに過去の回想ネタはもう尽きたのか今回は青年が鏡の迷宮(僕の世界)の中に誰かいないのか・・・と探す中で沙良と出会うイメージビデオが流れます(笑)
それと並行してついに肌を合わせる青年と沙良
やはり倉田に抱かれてる時と全然違う幸せそうな笑みを見せる沙良


これも沙良だけにサラッと流してしまいそうなシーンですが、
青年は薬の影響でもう性欲がなくなっている状態のはず
しかしそれでも沙良と愛し合うことができた
やはり愛の力は偉大なんでしょうね
ただ・・・突っこむのはヤボだとよくわかってるんだけど・・・やっぱり我慢できない(>_<)
あの~・・・店の夜勤はいいの??


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。