So-net無料ブログ作成

タイムスパイラル 3話 「運命の始まり」 感想 [タイムスパイラル]

タイムスパイラル 第3話 「運命の始まり」 感想(あらすじネタバレ含む)
深夜の図書館で激しく抱き合う奈月(黒木メイサ)と愁夜(GACKT)
しかし冷静になった奈月はすぐに愁夜が15年前から全く容姿が変化していない事を不審がる
老けない体質の人もいるから15年経っても外見上容姿があまり変化しないことはありうるけど、
愁夜の場合は服装やピアスまで全く同じだから余計に気になるのも無理はありません(笑)


とは言っても40を過ぎたGACKTが10才の子供に「お兄さん」と呼ばれる若さを保っているのも現実
ついでに言えば15年前の回想シーンの秋本奈緒美も50代とは思えないほどの若さだった(笑)
アンチエイジング技術の進歩もその15年前くらいからどんどん進化を続けているわけです
他にも老けない技術・・・「不老不死」の研究は各方面でされていますね
そこそこ話題になった冬虫夏草なんかもその一環だったみたいですが
ただ「不老」はともかく「不死」ってある意味とても辛い事かもしれませんし何とも言えませんよね


愁夜は奈月の質問を「運命ということでは納得してもらえませんか?」とはぐらかし、
外に出るとすぐに未来へタイムトラベルして消えてしまいます
奈月は先行する物理学の観点から愁夜の「不老不死」の秘密に迫ろうと奮闘します
師と仰ぐ中鉢教授(きたろう)の助言を受けながらも「タイムトラベル」に思いを馳せ始める奈月
鬼太郎は理論上(机上の空論)でのタイムトラベルについて説明するがそんなことは奈月も知っている


そもそも光速に近い速度を持つ宇宙船の開発などタイムマシーンに匹敵するほど実現困難なもの
それができれば地球外生物を発見できる可能性も出てくるわけで
見果てぬ宇宙の果てへ果て・・・


「猿の惑星」の新シリーズが好評を呈しているが、このシリーズでも描かれたように、タイムトラベルに関しても未来へ行く「一方通行」だけなら実現可能性はあるが、
多くの人間が望むのは未来より「過去」に戻ることだろう
しかしそれは今後何千何万年科学が発達しても不可能と言われている
タイムトラベルとはまさに「科学の限界」を超えた領域のものなのである
「Back to the Future」の実現はファンタジーの世界だからこそ可能だった話なのだ


しかし、それほど実現困難な「タイムトラベル」技術を自在に操る愁夜の謎・・・
ドラえもんみたいに22世紀の未来からやってきたわけでもなくわずか6年後の2020年という「超・近未来」からやってきたわけで、2003年の鉄腕アトム開発も実現できずあっさりスルーしてしまった現実世界の科学力じゃあと6年ぽっちでタイムマシーンを発明するなど夢のまた夢のまたまた夢の夢ってなもんで
それよりもまずは国内すべての電力を発電できるほどのクリーンエネルギー技術の開発の方が先に求められているけどそれでさえ100年くらいの科学技術の発達を待たなきゃいけないほど困難なものらしいし


奈月は愁夜になぜ現れたのか、何を考えているのかをストレートに問う
しかし相変わらず愁夜はのらりくらりとはぐらかし答えようとしない
しかし、「ゼロから造り直すことができなかったから」と意味深な言葉だけ残す愁夜
さらに「幼馴染(健太郎)と別れて、一生近寄らないと約束してくれたら教えるよ。そうすれば何もかもうまくいく」とも


「何もかもって何が?」と問う奈月
しかしそれをシカトして第1話で奈月に放った「キミはボクのことを好きになる」というセリフを今度は壁ドン付きでリピートする愁夜・・・
当然逃げ出す愁夜
こんなめちゃくちゃな口説き方で恋に落ちる女性なんているんでしょうか(笑)
がっくんファンはともかくとして・・・


愁夜の専攻は建築学
その講義でも「今ある街を全て壊してゼロから始めることはできない」というフレーズを主張
生徒の「理想の街を実現するために一番邪魔するものを取り除きます」という言葉を「大事な一歩だ」と共感する


2020年に戻った愁夜
自室のホワイトボードに時系列が描かれていてそれを見つめている
そこには奈月と健太郎の写真や新聞の切り抜きや良美(岸本加世子)の名前、「NDXが開発されない」→「真美死亡」などと書き込まれていて、「一番邪魔するものを取り除く」という生徒の言葉がリフレインされている時に奈月の写真を取り除く意味深なムーブ
そしてそこに代わりに張られたのが愁夜の妹「光田真美(竹富聖花)」の写真である


健太郎の家庭でも父の栄太郎(小木茂光)と母の希美(秋本奈緒美)がちょうどその真美の話をしている
ノイズ病で以前栄太郎が経営する結城総合病院に入院していて、良美が開発したNDXで真美の命が助かったという流れになっているようだ


しかしこれも過去と未来を行き来できる愁夜によって形成されたものなのである
愁夜がいなければ奈月はやはり15年前に犯行グループに殺されてしまったのである
そしてそれを苦に良美も自殺してしまった
当然NDXは開発されず、愁夜は妹の真美の死を迎えることになった
その為に愁夜は未来を変えるべく過去の世界で様々暗躍しているわけである


命も助かり優秀なバイオリン奏者となった真美のリサイタルが結城総合病院で開かれる
健太郎は「幼馴染は偶然の関係。本当に人生を一緒に過ごしたい相手というものは偶然じゃなく、大人になり自分の意思で選ぶもの」と挑発されていたこともあり、「きっかけは偶然であってもオレはこれからも奈月と一緒にいたい」とついに何度も何度も渡しそびれていた婚約指輪を奈月に渡す
しかしこれまで何度も健太郎のプロポーズを阻止してきたように、またも愁夜がこのプロポーズをぶち壊す


健太郎が指輪を出す前に現れた愁夜はその前の会話の時点で割って入って「そう、運命なんだ」とつぶやいていきなり奈月にブチュッとキスをしちまいます
動揺して突き放す奈月で今回は終わり


ついに明らかになってきた愁夜の実態
妹の真美の命を救うために未来からやってきた天才といったところか
本名は光田愁夜
本来は医師を志していたが、志半ばで命を落とした良美の論文を見て真美のを救うためにタイムスリップの研究(医学から物理学)に転向し、タイムスリップの計算式を作り出してしまった超人的頭脳を持つ天才科学者という設定なのである


ただ、タイムスリップ(時空間移動)を実現できるほどの超人的頭脳があれば、薬学の道に進んで自分でノイズ病の特効薬を開発できそうなもんだけどね(笑)
そっちのほうがタイムスリップよりよほどハードル低いだろうし
とにかく奈月が師事する鬼太郎よりも圧倒的に優秀な頭脳尾持ち主のようで
しかもいつの間にか建築学まで精通しているわけで
そりゃ物理学の神みたいなもんなんだから建築学だってその応用ですぐに精通できるでしょうね


とにかく愁夜のとんでもない実像が明らかになってきました
ますます今後が楽しみなドラマです


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。