So-net無料ブログ作成

ダークスーツ 5話 ネタバレ [ダークスーツ]

ダークスーツ 第5話 「過去への旅」 ネタバレ(あらすじ感想含む)
今回のターゲットになる役員は潮崎常務(大和田伸也)
しかしこれまでの役員たちほどクセ者でもなく敵意を見せることもない
前回の里中常務(石丸謙二郎)あたりからヌルくなってきた感じ
最上(柴俊夫)や瀧(榎木孝明)のような手ごわさが感じられない


それよりも松木(石丸幹二)の身辺が怪しくなってきた
ニクソン社長就任絡みでハシバの買収を企てている様子
御園会長(竜雷太)の息子であることも明らかになった
回想シーン内の御園(山口馬木也)と回想シーン内の松木の母(小橋めぐみ)の様子からも明らかだったが
血縁関係もないのに松木の父親となった長沼(矢柴俊博)はハシバの公害問題に苦悩し自殺していた
それでも松木の母(赤座美代子)は「長沼」姓を名乗り続けている


松木の母は認知症を患い、息子を最愛の人物と認識してしまうようになっていた
それはもちろん長沼ではなく、御園会長である
息子の事を「龍之介さん」と呼び、息子ではなく妻として接する母に苦悩する松木・・・


そんな松木に対する愛情がもう隠しきれなくなってきた高根沢(市川由衣)
前回は活躍するシーンがなかった小宮(大鶴義丹)と安城(神保悟志)も今回は活躍シーンが描かれる
ただこのチームの存在もあまり生きてこなくなってきた気がする
ほぼ一之瀬(斎藤工)1人の動きに比重が大きすぎる
寧ろチームとして考えるなら一之瀬・松木・吉田(戸次重幸)の3人の方が重要である


その吉田も徐々に首が締まってきている状況で後がない
一之瀬も仕事だけで相当なストレスとプレッシャーを背負う激務になってる上に、病気の妻・ 美砂子(倉科カナ)も情緒不安定になり、頻繁に顔を見せなければならない状況で辛い


その美砂子にやたら近づく御園会長の真意は・・・?
なぜ一之瀬達に情報をリークしたりするのか
しかもついに妻に名前まで知られる間柄になっている


平山院長を演じた黒部進
かなりの悪役面だけど正義の味方の象徴でもある初代ウルトラマンの主人公・ハヤタ隊員を演じた方である
次回はいよいよ最終回だ
しかしどうにも一之瀬が順調すぎてもう少し波乱がほしかったところ
それと一之瀬が走るシーンを多用しすぎな気がする
走らせるシーンはここ一番の時の切り札にとっておいた方が効果的だと思うけど・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0